メンタルヘルスマネジメント検定とは何をする資格か

仕事をしていくことは、多くのストレスを抱え込むことです。
もし、抱え込んだストレスが限界まで来てしまうと、うつ病などを発症して、働くことが出来なくなってしまいます。

心の問題は、従業員個人が解決する問題ではなく、一緒になって解決していかなければ、根本的な問題解決につながりません。
そしてそのためには、正しく心をケアする方法を学ぶ必要があります。

薬膳コーディネーター仕事の正しい情報はこちらです。

そこで注目されているのがメンタルヘルスマネジメント検定です。メンタルヘルスマネジメント検定とは、どのようなことを勉強するのかというと、仕事をしていくうえで発生するかもしれない心の問題について未然に防ぐ、早めに発見する、治療や復帰をするための支援をするということをするために何が必要なのかという知識を学ぶための資格です。
?種のマスターコースは、会社内のメンタルヘルス対策を学ぶためのもので、?種のラインケアコースは部門内、上司・部下の関係で行うメンタルヘルス対策、?種は従業員自身が行うメンタルヘルス対策という分類になります。
試験で出題される問題としては、例えばラインケアコースでは労働者からの相談の方法という内容があります。

話をどのように聞いて、それを受けて情報提供、情報をいかにするべきかというものです。



人生経験が長ければ、的確なアドバイスが出来るように思えますが、実際にはそういうことが出来ないケースも多いことが現実です。
メンタルヘルスマネジメント検定とは、それゆえに取得を目指す意味があるといえます。
なおメンタルヘルスマネジメント検定とは、どのくらい難しい資格なのかというと、マスターコース、ラインケアコース、セルフケアコースという順番で合格率が多くなっています。


マスタコースは1割から2割程度の合格率しかないのです。

ジョルダンニュース!の最新情報をお伝えします。

それにラインケアコースとセルフケアコースは年2回の試験ですが、マスターコースは年1回なので、さらに取得が難しくなっています。

最新情報

メンタルヘルスマネジメント検定と言う名前の検定をご存知でしょうか?ストレス社会と言われている現代において、心の健康が仕事をする上で重要な事とあり、非常に注目やニーズが高まっている検定です。メンタルヘルスマネジメント検定とは、立場や目的別によって3つの検定から成り立っています。...

more

意外な事実

メンタルヘルスマネジメント検定が実施されるようになった背景を見てみます。メンタル障害によるうつ病などでの労災認定が増加してきたことをうけて、労働安全衛生法の一部を改正する法律が平成26年に公布されました。...

more

仕事の常識

仕事内容や報酬内容、長時間労働やハラスメントなど、職場でストレスを感じる人が増加傾向にあります。有能な人材が心の不安定によって休職・離職することは、会社にとっても大きな損害です。...

more

人に言いたい仕事

メンタルヘルスマネジメント検定の受験資格は、特にありません。年齢、性別、国籍はもちろん、学歴、職歴、実務経験や所持している資格など関係なく、誰でも受験できるということです。...

more